シリーズ中国(3日目-3): 鼎泰豐(ディン タイ フォン) 上海新天地店

2017.09.11

DSC_0643
上海の夜。仕事を終え、お楽しみのディナーです。この日は、小龍包で有名な台湾の「鼎泰豊(ディンタイフォン)新天地店」に行きました!

 

鼎泰豊(ディンタイフォン)は、日本にも出店している有名なお店で、小籠包が有名な点心料理店。1958年に台湾台北市で食用油を取り扱う油問屋として創業した鼎泰豐さんが、1972年に小籠包を始めとする点心料理の販売を始めましたのが始まり。

 

僕は以前台湾によく行っていたのですが、台湾は海鮮料理をはじめ食べ物は何でもおいしいですが、特に小籠包がおいしかった印象があります。当時の取引先の社長さんも、台湾の小籠包はどこよりうまいと言っていました。

 

そんな小籠包をはじめ、おいしい中華料理をたくさんいただきました。

 

DSC_0639
中国や台湾はやっぱりお茶ですね。

 

DSC_0640
きくらげ。甘酸っぱくて歯ごたえが良くおいしいです。

 

DSC_0645
後から調べたのですが、地瓜菜という台湾の家庭料理の野菜炒めだと思います。台湾でも良く食べた気がします。

 

DSC_0641
蒸し餃子です。やっぱり餃子も食べておきたいですね。

 

DSC_0642
名前がわからないが、豚肉のあんかけ炒めって感じの一品!うまいのは間違いないっ!

 

DSC_0644
こちらは蒸した鶏肉。色艶がいいですね。

 

DSC_0646
揚げたお肉も最高!これは豪快!

 

DSC_0650
実は、チャーハンが一番うまかった!これだけでも満足しますよっ。

 

DSC_0651
デザートにお饅頭。大満足のディナーでした。

 

DSC_0636
鼎泰豊(ディンタイフォン)、日本にもたくさんお店があるのでぜひ行ってみてください。台湾に行ったときには本店に行きましょう。上海でもお見逃しなく!

 

鼎泰豊(ディンタイフォン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です